インサイダー情報を装う話にはうかつに乗ってはいけない

インサイダー取引は違法であり、信用も一気に失う

株式投資に興味がある人なら、ご存じであろうインサイダー取引

興味のない方のためにご説明をいたします。インサイダー取引とは、上場会社の関係者たちが、内部の機密事項として知り得た重要事項もとに、未発表の状態で自社の株券の売買を行う事です。

そのように取引が行われてしまうと、機密的であり未発表であるが故に、それらをまだ知る由もない投資家が、先に知り得た人たちよりも不利な立場で取引を行うことになりますね。

インサイダー取引は法的に違法であり、この行為は処罰の対象となります。

もちろん、証券市場における投資者の信用問題でもあり、せっかく積み上げてきた信頼なども一気に失ってしまうことになるでしょう。

インサイダー取引をしたからといって必ず儲けられるわけではない

先に述べた様に、証券市場ではインサイダー情報をもとにした取引を行うことが、禁止されています。インサイダー情報として典型的なパターンは、株価が大きく上向きになることが予想されるM&Aといった、企業の合併や買収に関することや、まだ一般的でない新しい商品に関する開発内容など、マスコミがこぞって賑わう様な事項がそれにあたります。

しかしながら、インサイダー情報を基に、売買したところで大儲けできるものではないということも言われています。
上場企業が破綻することを重要事項として知っていたとして、空売りを行った場合でも、その時における価格は既に破綻が公にされたときの価格になっていることが多々あると考えられます。

時期早く、先に飛び回っている情報や根拠となる物的証拠などから検証は行われており、市場の方も破綻の可能性を見出したうえで、売り込んでいるという行動パターンが多いのです。

何も破綻に限った話だけではなく、一般的でない新しい商品に関する開発内容についても同じことが考えられ、その企業の過去における事例などから十分考え出すことが可能性は掴んでいることでしょう。よって、公表前に株価は既に値上がりしていることが考えられます。

公表した時点で、お腹いっぱい状態になり、そこから今度は値下がりしたりもするわけです。

自分自身が発起人でない限りは、自分以外の人物も既に情報を持っていると考えるのが妥当でしょう。インサイダー情報詐欺に注意し、高評価の口コミサイトを参考にされることをおすすめします。これで、情報に踊らされることもなくなることでしょう。

Read More »