詐欺の手口!未公開株のインサイダー情報を信用してはいけない

未公開株詐欺に注意

未公開株詐欺被害が続出しているようです。公開前の株式を利用した未公開株の詐欺事件は、手の込んだものが多くあり、排除しようにも、簡単にはいかない詐欺の手口となっています。

通常、本来のルートを辿って取引された公開済みの株式については、上場しているため証券会社を通して売買されるというのが本来の形式です。
方や、未公開となっている株の場合、証券取引所では売買できず、当事者の間で直接売買するというやり方になるでしょう。

しかしながら、証券会社においても協会を通じてならば、一部未公開株の取扱いが可能というパターンもあります。
先にお伝えしました、当事者間の売買を除き、未公開株を取り扱えるのは限られたその業者ということになりますが、ここで注意しておいていただきたいのは、未公開株詐欺の大半は登録を行っていない業者でしょう。

詐欺業者は大抵金融庁に登録が無い会社

その被害の内容は、未公開株の購入話を持ち掛けられて、そのままリサーチすることなく簡単に代金を支払ってしまい、後にその業者と音信不通になってしまうということになります。他には、「上場間近だから確実に儲かる」という業者から持ち掛けられて鵜呑みにし、その未公開株を購入し、発行会社に確認するも結局のところ上場の予定すらなかったという話もあります。

もっと巧妙な手口を使う詐欺もあり、購入話を持ち出す業者とそれを今度は高値で買い取るという図式で、多数の詐欺手配者が絡んでいるということもあります。
どのパターンにも言えるのですが、詐欺手配者は大抵金融庁に登録がされていない業者となりますから、金融庁のサイトで登録の有無を必ず調べてみてください。また、未公開会社が公募増資を行う場合は、証券届出書の提出も必須となりますので、こちらも金融庁のサイトで確認が取れます。

世の流れは高評価の口コミサイトで確認が出来る

これで、インサイダー情報詐欺に注意しなければいけないということがお分かりになって頂けたかと思います。
どんなにうまい儲け話であったとしても、まずは未登録の業者の取引は絶対に行ってはいけないということを念頭においておけば安全ですし、また高評価の口コミサイトをリサーチしておくことで、インサイダー情報をもとにした世の流れも把握できることとなるでしょう。

少しでも不審な点を感じたり、疑わしい行動が見受けられたらその取引は見送ることにする!と、肝に銘じておいていただくことをおすすめします。

<参考サイトご紹介>
インサイダー情報詐欺に注意-高評価の口コミサイト

Read More »