インサイダー情報詐欺に注意する方法は

インサイダー規制は情報を知っているかどうかが重要

企業や社内などの機密事項など重要とする情報を知り得る立場の者が、その情報を独断で使用をしてしまうと一般の投資家の人よりも有利的な立場に立ってしまうことで不公平となり、且つ著しく築き上げてきた信頼を損なうことへと繋がります。
上場会社内の機密的な重要事項を知った、会社の関係者とされる人物がその情報を公開される前に、上場会社の株を売買するという行為は金融商品取引法で禁止されています。
ここで注意が必要なのは、対象となる企業を退職し、それによりその会社の関係者でなくなった後の1年間も同等の立場として扱われます

これらの関係者から、機密的な重要事項の情報を受けた者が、公開前に売買を行う事や、また他人にその情報を流したりすることも同様に禁止となっています

このような情報をインサイダー情報といい、取引の禁止や規制についてはインサイダー取引規制という呼びます。
規制については、事実を知っているかどうかということが重要となり、その事実を利用する意図がどうであったかということなどは、さほど問題ではないようです。

未公開株の売買はあくまで当事者間の合意の上で行われるもの

そんな中、公開前の株式を利用した未公開詐欺が頻繁に行われているという事件やニュースも耳にします。投資詐欺はいくつかありますが、数ある詐欺の中でも、巧妙な手口で行われているものも多くあり、気を付けなくてはいけません

一般的に取引が行われている公開された株式については、正式に証券取引所に上場しているため、証券会社を通したうえで売買を行う、という流れが普通です。
その傍ら、未公開株の場合になると、証券取引所での売買は不可能ですが、当事者の間で合意の上でなら売買が可能ということになります。

そうした中で行われている、投資詐欺で受ける被害は、未公開株の購入話を持ち掛けられて、その話を持ち込んだ嘘の業者に、購入代金を渡してしまい、そして連絡が取れなくなるというパターン
このようなインサイダー情報詐欺に注意には充分な注意が必要。

怪しい業者の誘いは断ち切る事が肝要

怪しい業者とは関わらないための知識を持つことも必要であり、そういう誘いは断ち切るという確固たる意志のもと投資を行いたいものです。
知識を得るためには、高評価の口コミサイトを事前にリサーチしておくことも必要ですし、何よりも、信頼関係がある身近な人や弁護士などのプロの専門家に相談してみるということが賢明かもしれません。
美味しい話なんてそうそう、手に入るものでもありませんし、儲け話を簡単に他人に話そうとは、思いませんからね。

Read More »