インサイダー情報を規制することで詐欺が広がりやすい?!

株の取引におけるプロでさえ、違反を犯してしまったと過去にニュースにも取り上げられたことがありますが、プロでさえ犯してしまうインサイダー規制。株の取引には、ルールがあります。インサイダー取引とはなにか、その具体的な内容をお伝えします。

規制の対象者とは会社の内部者と情報を受領した者を指す

まず、規制の対象者が企業や会社の機密とされる大切な重要事項を知っている立場でありながら、その重要事項が公に発表される前に、株や証券の売買を行う事をいいます。

では、そもそも「規制の対象者」とは誰のことを指すのでしょうか?

規制の対象者とは、企業や会社の内情を知る内部(重要人物)者と情報受領者のふたつに分かれます。企業や会社の内情を知る内部(重要人物)者は上場企業の役員及び社員とし、会社を何らかの事情で退職した後でも1年以内は、ここでいう重要人物という枠に含まれます。

情報受領者とは、企業や会社の内部者から伝え聞かされた人が、その対象であるとされます。 

そういった情報をインサイダー情報といい、取引を行う前段階の情報のことを言います

インサイダー情報に惑わされる事で儲け損なう事もある

そして、上記の様なインサイダー情報を規制しているのは、証券取引等監視委員会です。
日本版SECの取り締まりが強まれば強まるほど、インサイダーによる詐欺が広がりやすいとの見解もあります。

規則やルールでがんじがらめにされると、それを破りたくなるというのが人間の心理。

よって、SEOがやかましく言えば言う程、他言すべきでない重要事項が正か否かの確認する術もなく、よって、詐欺師がそれを利用するというのが現状と考えられます。

内部の機密事項やそれに関わる情報にまどわされることがなければ、もっと設けることが出来るはずだと、株で大儲けをした経済学者のケインズはそういっています。

ですが、そうは言っても経済合理性だけで動くと言い難いのが市場の流れ。

市場は、国の経済や企業の経営指標が影響され常に変動が伴っている場所でもあります。

言い換えてしまえば、インサイダー情報が正しいものである場合でも、なかなか予想通りには動いてくれないものでしょう。

株の売買とは、自分自身の判断力と合わせて世の流れをどこまで掴み切れるかがものをいうかもしれません。よいとか、悪いとか判断する以前に、インサイダー情報詐欺に注意、高評価の口コミサイトなどを参考にしながら常に自分の知識を高め、経済状況にアンテナを張っておくことが大切であるか、それがひとつの鍵となるでしょう。 

Read More »