詐欺の手口!未公開株のインサイダー情報を信用してはいけない

未公開株詐欺に注意

未公開株詐欺被害が続出しているようです。公開前の株式を利用した未公開株の詐欺事件は、手の込んだものが多くあり、排除しようにも、簡単にはいかない詐欺の手口となっています。

通常、本来のルートを辿って取引された公開済みの株式については、上場しているため証券会社を通して売買されるというのが本来の形式です。
方や、未公開となっている株の場合、証券取引所では売買できず、当事者の間で直接売買するというやり方になるでしょう。

しかしながら、証券会社においても協会を通じてならば、一部未公開株の取扱いが可能というパターンもあります。
先にお伝えしました、当事者間の売買を除き、未公開株を取り扱えるのは限られたその業者ということになりますが、ここで注意しておいていただきたいのは、未公開株詐欺の大半は登録を行っていない業者でしょう。

詐欺業者は大抵金融庁に登録が無い会社

その被害の内容は、未公開株の購入話を持ち掛けられて、そのままリサーチすることなく簡単に代金を支払ってしまい、後にその業者と音信不通になってしまうということになります。他には、「上場間近だから確実に儲かる」という業者から持ち掛けられて鵜呑みにし、その未公開株を購入し、発行会社に確認するも結局のところ上場の予定すらなかったという話もあります。

もっと巧妙な手口を使う詐欺もあり、購入話を持ち出す業者とそれを今度は高値で買い取るという図式で、多数の詐欺手配者が絡んでいるということもあります。
どのパターンにも言えるのですが、詐欺手配者は大抵金融庁に登録がされていない業者となりますから、金融庁のサイトで登録の有無を必ず調べてみてください。また、未公開会社が公募増資を行う場合は、証券届出書の提出も必須となりますので、こちらも金融庁のサイトで確認が取れます。

世の流れは高評価の口コミサイトで確認が出来る

これで、インサイダー情報詐欺に注意しなければいけないということがお分かりになって頂けたかと思います。
どんなにうまい儲け話であったとしても、まずは未登録の業者の取引は絶対に行ってはいけないということを念頭においておけば安全ですし、また高評価の口コミサイトをリサーチしておくことで、インサイダー情報をもとにした世の流れも把握できることとなるでしょう。

少しでも不審な点を感じたり、疑わしい行動が見受けられたらその取引は見送ることにする!と、肝に銘じておいていただくことをおすすめします。

<参考サイトご紹介>
インサイダー情報詐欺に注意-高評価の口コミサイト

Read More »

インサイダー情報詐欺に注意する方法は

インサイダー規制は情報を知っているかどうかが重要

企業や社内などの機密事項など重要とする情報を知り得る立場の者が、その情報を独断で使用をしてしまうと一般の投資家の人よりも有利的な立場に立ってしまうことで不公平となり、且つ著しく築き上げてきた信頼を損なうことへと繋がります。
上場会社内の機密的な重要事項を知った、会社の関係者とされる人物がその情報を公開される前に、上場会社の株を売買するという行為は金融商品取引法で禁止されています。
ここで注意が必要なのは、対象となる企業を退職し、それによりその会社の関係者でなくなった後の1年間も同等の立場として扱われます

これらの関係者から、機密的な重要事項の情報を受けた者が、公開前に売買を行う事や、また他人にその情報を流したりすることも同様に禁止となっています

このような情報をインサイダー情報といい、取引の禁止や規制についてはインサイダー取引規制という呼びます。
規制については、事実を知っているかどうかということが重要となり、その事実を利用する意図がどうであったかということなどは、さほど問題ではないようです。

未公開株の売買はあくまで当事者間の合意の上で行われるもの

そんな中、公開前の株式を利用した未公開詐欺が頻繁に行われているという事件やニュースも耳にします。投資詐欺はいくつかありますが、数ある詐欺の中でも、巧妙な手口で行われているものも多くあり、気を付けなくてはいけません

一般的に取引が行われている公開された株式については、正式に証券取引所に上場しているため、証券会社を通したうえで売買を行う、という流れが普通です。
その傍ら、未公開株の場合になると、証券取引所での売買は不可能ですが、当事者の間で合意の上でなら売買が可能ということになります。

そうした中で行われている、投資詐欺で受ける被害は、未公開株の購入話を持ち掛けられて、その話を持ち込んだ嘘の業者に、購入代金を渡してしまい、そして連絡が取れなくなるというパターン
このようなインサイダー情報詐欺に注意には充分な注意が必要。

怪しい業者の誘いは断ち切る事が肝要

怪しい業者とは関わらないための知識を持つことも必要であり、そういう誘いは断ち切るという確固たる意志のもと投資を行いたいものです。
知識を得るためには、高評価の口コミサイトを事前にリサーチしておくことも必要ですし、何よりも、信頼関係がある身近な人や弁護士などのプロの専門家に相談してみるということが賢明かもしれません。
美味しい話なんてそうそう、手に入るものでもありませんし、儲け話を簡単に他人に話そうとは、思いませんからね。

Read More »

一般投資家への注意喚起!インサイダー情報詐欺に注意を

上場会社の社内や内部でしか知り得ない機密事項・内部情報を共有し株の売買を行い、一般投資家に損害を与えてしまう違法な行為をインサイダー取引と言います。
ここでいう、機密事項・内部情報とは株価の動きを予知するものや、新規開発事業の内情などといったものも対象となり、このような情報をインサイダー情報と言います。

未公開株詐欺における相談件数は増えている

未公開株をテーマにした詐欺が増えているということで、今回そのことを中心にお伝えしようと思います。未公開株の購入を勧められ、その言葉通りに購入したけれど、待てど暮らせど株券が届かずじまいという事態が起きているようです。
金融サービス利用者の相談室等にて、そのような相談事も届いているとのことで、多く聞くのが「株を発行している会社に問い合わせたら上場の予定ありません、との返答だった」とのこと。

 

 

未公開株を唄う詐欺の手口

株式の新規公開時には、株価はかなり値上がりします。
一昔前と比べて、情報が簡単に入手しやすくなった昨今、多くの人がそのような情報にたどり着きやすいということになります。そのため詐欺の手口は、そういったところに隙を狙って入りやすくなったといえるでしょう。

手口のひとつとしてはまず、電話やメールで言葉巧みに勧誘をしかけてきます。
その内容は「〇〇会社が上場予定なのでその株を買いませんか」、「外国でまだ未公開となっている株に投資しませんか」など。

自分が確実に儲かる話を簡単に他人に教えるかどうかを考えてみる

しかし、ここでよく考えてくださいね。
確実に儲かる話や、美味しい話をいとも簡単に電話やメールで情報を横流しにするものでしょうか?
もしもあなたが、友達よりも先に「高額なお金が入ってくるよ」という情報を入手したとします。そしてそれを、自分以外の誰かに電話やメールで伝えたりするものでしょうか。
あるいは、誰かと山分けするために、まだ手元にないお金の話を伝えるものでしょうか。

 

 

未公開株を販売を行えるのは登録のある証券会社のみ

うまい話の裏には、必ず何かがあると疑っておいてちょうどよいくらいです。
金融庁のWebサイトでも、一般投資家の方に注意喚起がされているのを見ると、相談室への相談や問い合わせが、後を絶たないということを意味しています。
未だ公開となっていない株の販売を実際に行えるのは、登録を受けている証券会社に限定なのです。
インサイダー情報詐欺に注意し、事前に充分な知識を自分の記憶に忍ばせておくことが一番ですが、万が一、このような手口に引っ掛からないように高評価の口コミサイトなどでのリサーチも必要となります。

Read More »

インサイダー情報を装う話にはうかつに乗ってはいけない

インサイダー取引は違法であり、信用も一気に失う

株式投資に興味がある人なら、ご存じであろうインサイダー取引

興味のない方のためにご説明をいたします。インサイダー取引とは、上場会社の関係者たちが、内部の機密事項として知り得た重要事項もとに、未発表の状態で自社の株券の売買を行う事です。

そのように取引が行われてしまうと、機密的であり未発表であるが故に、それらをまだ知る由もない投資家が、先に知り得た人たちよりも不利な立場で取引を行うことになりますね。

インサイダー取引は法的に違法であり、この行為は処罰の対象となります。

もちろん、証券市場における投資者の信用問題でもあり、せっかく積み上げてきた信頼なども一気に失ってしまうことになるでしょう。

インサイダー取引をしたからといって必ず儲けられるわけではない

先に述べた様に、証券市場ではインサイダー情報をもとにした取引を行うことが、禁止されています。インサイダー情報として典型的なパターンは、株価が大きく上向きになることが予想されるM&Aといった、企業の合併や買収に関することや、まだ一般的でない新しい商品に関する開発内容など、マスコミがこぞって賑わう様な事項がそれにあたります。

しかしながら、インサイダー情報を基に、売買したところで大儲けできるものではないということも言われています。
上場企業が破綻することを重要事項として知っていたとして、空売りを行った場合でも、その時における価格は既に破綻が公にされたときの価格になっていることが多々あると考えられます。

時期早く、先に飛び回っている情報や根拠となる物的証拠などから検証は行われており、市場の方も破綻の可能性を見出したうえで、売り込んでいるという行動パターンが多いのです。

何も破綻に限った話だけではなく、一般的でない新しい商品に関する開発内容についても同じことが考えられ、その企業の過去における事例などから十分考え出すことが可能性は掴んでいることでしょう。よって、公表前に株価は既に値上がりしていることが考えられます。

公表した時点で、お腹いっぱい状態になり、そこから今度は値下がりしたりもするわけです。

自分自身が発起人でない限りは、自分以外の人物も既に情報を持っていると考えるのが妥当でしょう。インサイダー情報詐欺に注意し、高評価の口コミサイトを参考にされることをおすすめします。これで、情報に踊らされることもなくなることでしょう。

Read More »